バッグ(鞄)職人になるには?専門学校は?資格は必要?年収や未経験求人も

バッグ(鞄)職人 鞄業界ニュース

こんにちは、Kajiです。

 

今回はバッグ(鞄)職人についてです。

 

  • バッグ(鞄)職人とは?バッグ(鞄)職人職人になるにはどうすればいい?専門学校に行くべき?
  • バッグ(鞄)職人の年収は?未経験の求人はあるの?

 

これらの疑問は本記事で解決します。

バッグ(鞄)職人とは?

バッグ(鞄)職人とは、
バックパックやトートバッグなどの鞄を製作する人のことです。

かっこいいですね。

バッグ(鞄)の縫製職人という仕事もあります。

素材布や皮革など、
特に皮革には様々な種類があり、
牛や馬などの動物やエナメルやガラス加工など、
レザーの特性を踏まえた上でミシンや手縫いなどで鞄を作ります。

バッグ(鞄)職人になるには?資格は必要?

バッグ(鞄)職人になるためには会社や工房に就職する形が基本です。

専門学校で学んでから就職するという人もいます。

 

職人になるために必要な資格はなく、
素材の知識や縫製スキル、独立するのであればデザインスキルも求められます。

革職人のために専門学校は行くべき?

革職人になるために専門学校に行くべきかというと、
必ずしも行く必要はありません。

もちろん専門学校で学べる技術はありますが、
いきなり就職する方もいるようです。

 

また今はYoutubeなど発信ツールが発達しているため、
インターネットで探せばスキルを盗むことはできます。

バッグ(鞄)職人の年収は?

製造メーカーに勤務するバッグ(鞄)職人の場合、
月給が20-34万円程度なので、年収は240〜400万ほどになります。

 

フリーや独立した場合には、
年収は240万円以下になることもありますし、
400万以上にすることもできます。

革職人になるには?年収は?専門学校に行くべき?未経験の求人は?

個人の力量次第で収入は変化します。

革職人は未経験でも求人がある?

「バッグ職人 未経験 求人」「鞄職人 未経験 求人」とインターネットで検索すると
多数ヒットするので各案件を見てみると良いと思います。

 

また皮革産業の企業は以下に集まっているので
気になる企業は目をつけておいてHPなどで募集を待つか直接コンタクトをしてみるのも手です。

 

皮革製造業界の会社・企業一覧(全国)|Baseconnect
皮革製造業界の会社(株式会社・有限会社・NPO法人など)・企業を一覧にまとめました。業界や売上高、従業員規模などでさらに絞込が可能です。大手企業・上場企業から中小企業・ベンチャーまで幅広く会社情報をご覧いただけます。

 

例えば2021年時点で募集は終了していますが
HPで募集がされることもあるので根気よくリサーチしていれば見つかるはずです。

BAGWORKS Co.,ltd
バッグワークス株式会社は、”しごとのかばん”をコンセプトにした自社ブランド「BAGWORKS バッグワークス」を展開しています。「BAGWORKS」ブランド製品は、職業ごとに特化したかばんの機能や特徴を活かした、日常生活で使えるバッグです。

 

また未経験者には難しいですが、
革職人募集の企画やコンテストもあるので、
スキルに自信がついたら応募してみるものありです。

革職人を募集します!革職人を目指す人応援企画|和乃革
和乃革はレザークラフト用の革材料を販売しているネットショップです。販売している革はすべて国産の品質にこだわった革です。ぜひ一度お試しください。

 

革コン! | 第12回 革のデザインコンテスト2022 in 東京レザーフェア
革コン! | 第12回 革のデザインコンテスト2022 in 東京レザーフェア

 

ジャパン レザー アワード 2021 | Japan Leather Award 2021
一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)が開催する「ジャパン レザー アワード 2021」公式ウェブサイトです。

コンテストで入賞できれば、
一気にバッグ(鞄)職人としての知名度を上げることができます。

バッグ(鞄)職人としてどうスタートする?

昔はインターネットも普及していないため
工房など組織で取り組む必要がありました。

 

しかし今はSNSなど発達しているため、
バッグ(鞄)職人として作った革製品があれば、
売れる可能性は間違いなくあります。

 

個人的にレザー業界が好きなので盛り上がってほしく、
また個人でも発信できる場所が作れたらということで、
皮革製品専用のプラットフォームを作りました!

よければのぞいてみてください。

 

Error 404 : Missing page

 

個人で販売をしてファンがつけば、
即フリーで独立ということももちろん可能です。

また、作った作品にはお客さんのフィードバックが必ずありますので、
スキルの成長にも繋がります。

 

趣味がそのまま仕事になる、
とても夢があります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!